市販されている盗聴発見器の精度はどの程度なのか

  • 怪しい人をシャットアウト!盗聴発見器

    • 日本は世界一安全な国だと言われていましたが、最近では犯罪率が急激にあがり、最早日本の安全神話は崩れたといっても過言ではありません。
      特にスト−カ−や嫌がらせなど、誰にでも身近で起こるかもしれない事件が増えています。

      画像安定装置の情報が必要なタイミングで手に入ります。

      そんな身近な事件のひとつに盗聴というのがあります。

      無言電話やいたずら電話が頻繁にあったり、テレビやラジオなどに雑音が入るようになったら要注意です。誰かに盗聴器を仕掛けられた可能性があるからです。盗聴器は名前にあるように盗み聞きをするための道具です。



      電波を使って情報を得る機器ですが、性能の良いものでは1KM以上の距離でも電波を受信できるものもあります。


      もしかしたら盗聴器が仕掛けられているかもしれないと心配な人は、盗聴発見器を使って部屋の中が盗聴されているかどうか調べることができます。

      新しい毎日新聞が広く知れ渡ってきました。

      盗聴発見器を持って、盗聴器されていそうな場所で反応があれば、その場所に盗聴器が仕掛けられている可能性があります。


      ただ、盗聴発見器はパソコンや一部の家電製品にも反応してしまう場合があるので、怪しいと思ったらパソコンのスイッチをいったん切るなどの対策を採れば盗聴器に対して反応しているのかどうかがはっきりするでしょう。

      最近では盗聴発見器もコンパクトなタイプが多くなり、またリーズナブルな価格で購入することができるようになりました。

      大きな犯罪に発展しないように、手元の置いておくという人もたくさんいます。自分の身辺がいつもと違い、ちょっと怪しいと思った時、盗聴発見器を活用するのもひとつの防衛策です。