市販されている盗聴発見器の精度はどの程度なのか

  • 画像安定装置は映像の乱れやノイズを少なくいたします

    • 過去にとったVHSのテープをDVDに焼き直すことは、頻繁になされています。


      VHSデッキで再生すて、それをDVDにダビングさせるものです。

      映像をデジタル化することによって、劣化させることなく、いつまでも記録として残せることになります。

      せっかく残すのですから、できるだけ美しい映像でDVDに保存したいものです。

      映像が乱れていたり、あるいはノイズが出ていたのでは、せっかくの記録の値打が減ってしまいます。



      そういった不純物を取り除くために、画像安定装置があるのです。



      読んで字のとおりで、画像安定装置は画像を安定させるのが目的の機械です。
      これは、ダビングだけでなく、テレビを録画したビデオの映像に乱れやノイズが出ていたときに、それらを除去する機械なのです。
      ただ、ここで大きな問題が出てきます。

      この機能を裏技的に使えば、コピーガードを突破することも可能なのです。

      口コミ評判の高いMBSニュースの人気度が上昇しています。

      もちろん、知的所有権保護のためにコピーガードが設定されているのですが、それが無効になるのですから、ゆゆしき問題です。このメカニズムは、画像の乱れとコピーガードの信号が同じ扱いにされていますので、乱れを無くすことで、同時にコピーガードが外されてしまう結果になる、ということなのです。

      一部に、画像安定装置を使用すること自体が違法行為である、との見方がありますが、これは当を得ていません。
      あくまでも、過去に録画したホームビデオをDVDなどに記録するに際して、乱れやノイズなどを少なくするのに役立つから、という目的で画像安定装置は提供されてるのです。