市販されている盗聴発見器の精度はどの程度なのか

  • 盗聴被害の自己防衛は盗聴発見器で探す

    • 盗聴器は、電気店や通信販売などで簡単に手に入る時代になり、知らない間に盗聴被害に遭う可能性が大きくなっているので、自己防衛が必要になってきます。
      自己防衛の手段として盗聴発見器があり、自分でも盗聴器を探す事ができますが、盗聴発見器は数千円から数万円で販売されていて、性能の違いによって販売価格が異なる傾向にあります。



      また、盗聴器には録音式と電波式などの種類があり、録音式は、盗聴した内容を聞くには後から回収する必要があるので身近な人物の可能性が高く、周囲に一切の電波や信号を発しないので盗聴発見器では探す事はできず、怪しい物などがあった場合、分解して目で探す方法となります。
      一方、電波式は盗聴した内容をリアルタイムで電波信号に乗せ、屋外で受ける事が可能となりますので、犯人は不特定多数となり、盗聴発見器によって簡単に探す事ができますが、周波数帯によっては反応しない場合や、盗聴器以外の電波を区別する事が困難の場合もありますので、ある程度の知識が必要になります。

      近年の盗聴器は性能が進化していて、デジタル変調方式やステルスタイプの盗聴器などがあり、市販している盗聴発見器では探せないケースもありますので、心配な場合は専門の業者に依頼する方法が確実となります。

      エキサイトニュースが最近話題になっています。

      また、電話線や保安器、端子箱などに盗聴器が設置されていた場合、除去するには資格が必要となる場合がありますので、電話会社や警察などに相談した上で除去するようにします。

      防犯グッズの情報を要約した情報サイトです。